teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


アルトワークスが復活します。

 投稿者:シノピー  投稿日:2015年12月10日(木)00時19分29秒
返信・引用
  昭和62年2月にスズキアルトの高性能グレード機種として登場したワークスシリーズ。
その機種が来春、16年ぶりに姿を現すことになりました。
いわば、今年の初めに登場したターボRSをベースとしている模様で、ベース車両はセミオートマチックと組み合わせているが、今回のワークスは5段ギアミッションと組み合わせている。

自分にしてはすごく楽しみにしていますが、初代、2代目ワークスも好きなので、MT派な自分には欠かせない一台として、初代モデルはRS-R「フルタイム4WD」を推薦機種としています。

旧車大嫌い!様へ



旧車種が嫌いな人は最初からこの掲示板に訪れるな!!
最初から旧車種に乗るな!!
こんな書き込みをするのは利用違反だ!!
管理人のkurumamaniacs様に失礼だろ!!

kurumamaniacs様、本当に失礼いたしました。上記の利用者の書き込みを見て、嫌な気持ちになりませんでしたか?
 
 

さっさと潰せ!

 投稿者:旧車大嫌い!  投稿日:2015年12月 9日(水)23時14分18秒
返信・引用
  古いポンコツ旧車はさっさと潰せ。
排ガスは汚ねーしうるせーし迷惑なんだよ。
だいたい部品が製廃になってるって事は、もう捨てろってメーカーが言ってるのと同じなんだよ。
 

Re: kurumamaniacs様へ

 投稿者:kurumamaniacs  投稿日:2015年 7月31日(金)20時07分55秒
返信・引用
  > No.91[元記事へ]

シノピー様

ご投稿ありがとうございます。
エンジンが何気筒かということまではあまり気にしていないので、シノピー様の博識には恐れ入るばかりです。軽自動車は3気筒が多くなってきたとのことですが、最近ではBMWの3シリーズでも3気筒モデルが出ているようですので、そのうちに「単気筒でもシルキースムーズ」というエンジンが出てくるかもしれませんね。
エンジンの博識と同様、アイドルの博識にも恐れ入るばかりです。正直言って私はあまりわかりません。南野さんや工藤さんの存在は知っていますが、彼女らが当時どのようなご活躍をされていたのかはちょっとわかりません。
あっ、そういえば、友人が数年前にある美術展で賞を頂いたときに、同時に受賞した方の中に工藤さんがおられたということを言っていたことは覚えています。
テレビでご活躍されておられる方というのはやはりいろんな分野の才能をお持ちなんですね。何の才能も持ち合わせていない私からすれば本当に羨ましい限りです。

http://www.wald-licht.com/~oldcar/index.html

 

kurumamaniacs様へ

 投稿者:シノピー  投稿日:2015年 7月31日(金)14時57分58秒
返信・引用
  こんばんは。返答、ありがとうございました。

「1」返答

現在の軽自動車は3気筒エンジン搭載機種のみとなってしまいましたが、その搭載エンジン機種にしても、スズキは従来のほとんどの機種をK型からR型に、三菱は一部機種を除いて、すべて3B2型に変わってしまいました。一部のメーカーは他メーカーのOEM車両機種になったことも事実です。

「2」ミポリンのこと

旧アイドル歌手の中の2番目というのは、自分が2番目に好きであるということです。つまり、一番好きなのは、こちらも同期で30周年を迎えられたナンノ「南野陽子さん」がいますので、それに続き、3番目が工藤静香「ソロ以前はおニャン子クラブのメンバーでした」、4番目は荻野目洋子「女優の荻野目慶子の妹」、5番目は斉藤由貴「こちらもミポリン、ナンノと同様に同期デビュー」、6番目は浅香唯「こちらもミポリン、ナンノ、斉藤由貴と同期デビュー」、7番目は故本田美奈子「同等。2005年12月に白血病で急逝されました」と元女性アイドル歌手が揃っています。

また、男性だとソロではなく、ジャニーズ系グループが主体で、一番好きなのが少年隊、2番目がこちらも一世風靡の光GENJI、3番目は男闘呼組、4番目は現在も活躍のSMAP「6人メンバー時代」というわけです。少年隊も今年デビュー30周年を迎えるので、ミポリンらと同期にあたります。

 

Re: 660cc軽自動車

 投稿者:kurumamaniacs  投稿日:2015年 7月30日(木)21時29分58秒
返信・引用
  > No.89[元記事へ]

シノピー様

ご投稿ありがとうございます。
3気筒、4気筒で、軽自動車ってずいぶん感覚が異なるようですね。残念ながら私はそこまで違いがわかるほどそれらの軽自動車を堪能したことがありませんので、細かいことはわかりません。
しかしながら、本日も果樹園の下草刈りを2ストローク単気筒の刈払機で長時間していましたので、いまだに手に単気筒エンジンの振動が残っています。これが対向2気筒だったらもう少し快適に作業できたのかもしれませんね。
ミポリンはもうデビュー30周年になるんですね。ということは、「毎度おさわがせします」が放送されていたときからもう30年経っているんですね。私の頭に白い毛が増えてきたのにも納得してしまいます。
ところで、「旧アイドル歌手の中の2番目だったミポリン」という表現は、たとえそれが本心だったとしても、もう少し言い方を変えたほうが良いのではないでしょうか?
仮にも一世を風靡したアイドルですから、「旧」と「2番目」はミポリンもいい気がしないような気がしないでもありません。

http://www.wald-licht.com/~oldcar/index.html

 

660cc軽自動車

 投稿者:シノピー  投稿日:2015年 7月27日(月)07時27分5秒
返信・引用
  軽自動車界の中で、550ccモデル機種に次いで二番目に好きな排気量モデル機種でありますが、550ccモデル機種終盤前に2ストロークエンジン搭載機種「スズキ」が姿を消してからは、これを除くと、完全に4ストロークエンジン搭載機種となったとともに、このモデル機種から、スバルを除く大半の車種はここからスズキの一部機種を除いて、3気筒エンジン搭載機種に統一されたため、そのままドライバー継承することになるという自らのドライバー相当の遣り甲斐があった。

この排気量モデル機種は、従来の3気筒エンジン機種に加え、スバルを除いたメーカーに4気筒エンジン機種を新たに設けていた。これに関して、スバルはフルモデルチェンジしたサンバーで初搭載したことも含み、高回転ノイジーがあまりにもきつく、これを3気筒エンジン機種以上に嫌っていたわりに、三菱では、パジェロミニで影響し、ほぼよく似ていたため、嫌味がついた。

自分自体には、3、4気筒エンジン搭載機種を含んで、運転時にMT機種はクラッチを素早く踏み込んでギアチェンジをし、高回転をできるだけ出さないようにさせているので、ご注目したい。

また、おまけですが、今年になって、自分の好きな旧アイドル歌手の中の2番目だったミポリン「中山美穂さん」がデビュー30周年を迎えられ、そのデビューシングルの画像をアップした。
 

Re: kurumamaniacs様へ

 投稿者:kurumamaniacs  投稿日:2015年 6月25日(木)11時40分18秒
返信・引用
  > No.87[元記事へ]

シノピー様

コメント、ありがとうございます。
公道を運転する限り、どれだけ注意をしていても絶対に事故に遭わないという保障はありませんが、極力その可能性が低くなるようにお互い安全運転を心がけたいものですね。

http://www.wald-licht.com/~oldcar/index.html

 

kurumamaniacs様へ

 投稿者:シノピー  投稿日:2015年 6月23日(火)18時13分56秒
返信・引用
  返答、ありがとうございました。
多分、サイボーグは高性能グレード機種であるためか、そのサイボーグを運転していた方はかなりのスピードを出してしまったのか、そして走りを試したどうかはわかりませんが、自分自体に高性能グレード機種に関し、普及運転を心掛けることになります。
 

Re: んー

 投稿者:kurumamaniacs  投稿日:2015年 6月11日(木)21時02分24秒
返信・引用
  > No.83[元記事へ]

カルロス様

コメント、ありがとうございます。
ウィキペディアって、誰もが執筆に参加できる反面、かなり信憑性に乏しい「百科事典」なんですよね。あるクルマの項目で、参照元に私のブログが記載されていることがありました。
私のブログを読んでくださっている方はご存知の通り、私は農家で、クルマについては素人です。アップしているカタログのみを参照しているのならともかく、それに関する私の文章まで引用されていたことにはびっくりしました。
そのウィキペディアの項目を見て以来、私はウィキペディアを信用していません。なんといっても、「参照元」の一部にど素人の私が道楽で書いているブログがあるのですから。

IT社会、グローバル社会、ネットの時代、・・・いろいろと言われていますが、それらの根源的な部分が本当に信用するに値するかを見極めた上でそれらの便利な部分を活用していきたいものですね。もし間違った土台によって作られた虚構に振り回されているとするなら、それはそれで取り返しの付かないことになってしまいかねませんよね。

このところの新型車には、どんどんインターネットと融合した機能が採用されているようです。それらが本当に信頼に足る機能なら問題ないですが、「インターネットの情報」というのは様々な情報の積み重ねでできていますから、そのうちのどの段階に「私のブログ」のようないい加減な要素が入っているのかがわかりません。時速100キロで走る機械にそんな要素が入り込んでいると考えると、恐くて運転できませんよね。


http://www.wald-licht.com/~oldcar/index.html

 

Re: 3代目ミラージュ

 投稿者:kurumamaniacs  投稿日:2015年 6月11日(木)20時31分51秒
返信・引用
  シノピー様

ご投稿ありがとうございます。
この型のミラージュ、懐かしいですね。シノピー様の良い思い出とは正反対で、当時、これのサイボーグに乗っていた会社の同期の子が、おばあさんをはねてしまいました。幸い相手は軽傷で済んだようですが、本人はかなりショックを受けていたようです。
私にとってさらにショックだったことは、彼はちょっと偉い方のご子息で、縁故採用で入社してきた子でした。当然の事のようにその交通事故はもみ消し。社内で話題になることはありませんでした。事情を打ち明けられていた私も、サラリーマンの立場上、そのことを口にすることはありませんでした。
世の中って、不合理がまかり通るところなんだとつくづく思い知らされたことを、このクルマを見ると思い出してしまいます。

http://www.wald-licht.com/~oldcar/index.html

 

レンタル掲示板
/11