teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

新着順:2/783 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

『感泣亭秋報』13号

 投稿者:中嶋康博  投稿日:2018年11月13日(火)20時47分14秒
  通報 編集済
  小山正見様より『感泣亭秋報』13号をお送りいただきました。ここにても御礼を申し上げます。ありがたうございました。
山崎剛太郎先生の紀寿のお慶びを申し上げます。
このたびはその祝賀の意を込めての「特集Ⅰ」。感泣亭例会での談話録がとにかく愉しい。

(前略)おやじがね、「おい、おまえ小山くんとはあまり附き合わん方がいいぞ」(笑)と、注意を受けたくらいでね。注意を受けたけれど、ただ友情は深まるばかりで、ずうっと。向うは弘前の高校、僕は早稲田、それでも帰って来れば、必ず会って。(中略)
その頃、僕はある女性に失恋しまして(笑)本当にがっくりして、もう死んじゃおうかと思って、俺、もう死にたいくらいだよ、と。そしたら小山くんが何と言ったか。「死ね、死ね」って(笑)。そう言われると、こんちきしょう思って(笑)、おかげさまで今日まで生きて来ました(爆笑)。で、小山くんとはそういうふうにしていたけれど、彼の話は実に何と言うか変化に富んでいてそれでよく人の話を聞いてくれるので、僕にとって非常に楽しかったですね。(後略)


「特集Ⅱ」は詩集『山居乱信』について、常連寄稿者である高橋博夫、小笠原眞、近藤晴彦3氏の評論を集めたもの。
そして毎年一冊ずつ連載を続けて来られた渡邊啓史氏による最後の第8詩集『十二月感泣集』の解説が34ページと充実してゐます。
これまでの相馬明文氏による弘前高校時代の文章の発掘、蓜島亘氏による出版界を渡り歩いた詩人に関係する書誌探訪と並び、小山正孝研究を掲げる雑誌の趣旨を一番に体現した文章としてこのたびも印象に残りました。

 さて「私の好きな小山正孝」で、藤田晴央氏が初期詩篇から詩人のキーワードに「悔い」を挙げられたこと。それまで戦前四季派の詩情として公認されてゐたのは、「鬱屈」を押し殺し「含羞」「諦念」への道を辿るものが多かったのに、「鬱屈」から一転、行動を経て「悔い」にたどり着き、これを抱き続けたことが「四季派第2世代」としての小山正孝の新機軸であったかと思ひ当たりました。
 そのあとで「いつも傍に置く詩」として、石井眞美氏が挙げられた「願い」といふ詩には、

塀を支えてゐるものが 外からも内からも

私自身なのだと気がついて

私は自分の哀れをにくみはじめ

いまの私は 塀にぶつかって

こはしてしまひたいと思ってゐる  (第2詩集『逃げ水』所載、抄出)

 と書かれてゐるのですが、或ひは実生活において壊してしまったことは(それが想像の上に止まるものであっても)「後悔」として詩に取り込まれていったかもしれませんが、詩人は一方で、詩の創作法としての「塀」については、これを壊すつもりはなかったのではないか、と思ってゐます。

 それが渡邊啓史氏が『十二月感泣集』を説明する際に着目した、詩の内容・構成において試みられた「対照」にも現れてゐるのではないでしょうか。渡邊氏は“「枠構造」を好む詩人”とも書いてをられますが、盆景からヒントを得たと謂はれるそのもとには、やはり四季派が着目し大切にしてきた「構造の上で詩が持つべき規制(プレッシャー)」を、どのように設けていったらよいのか、詩人独自の工夫が最後の詩集にも表れてゐるのだな。さう思ったことでした。

 詩人小山正孝は生涯に八冊の詩集を遺した。第一第二詩集の孤独と鬱屈も、第三詩集の不安と恐怖の中の愛も、第四詩集の奇想、第五詩集の寓話的世界と第六詩集の沈鬱も、また第七詩集の平穏な日常も、それぞれの季節に於ける詩人内面の風景を映すものである。
 第八詩集には、これらの詩集に現われた主題を小さな模型として、随所に見出すことが出来る。その意味で、第八詩集は詩人内面の、さまざまな季節に於ける総ての風景を一望のもとに展望する庭園だろう。

『全詩集』の解題をものされた渡辺氏ならではの至言と感じ入りました。



併せて比留間一成氏の逝去(2018.3.4)に御冥福を祈り、立原道造の同人誌時代を個人誌「風の音」にて追跡して来られた若杉美智子さんの御恢復を祈念申し上げます。

*********************************************************************************************

「感泣亭秋報」13号 目次 (2018年11月発行)

特集Ⅰ 山崎剛太郎さんの100歳を寿ぐ
 山崎剛太郎(再録) 小山正孝4p
 花咲ける字幕の陰に 山崎剛太郎7p
 フランス文化の先達─山崎剛太郎さんの100歳を祝って 菅野昭正10p
 小説家、詩人そして翻訳家としての山崎剛太郎先生 神田明14p
 詩誌「午前」創刊と山崎剛太郎さんのこと 布川鴇17p
 憧れ続ける、ということ─山崎剛太郎さんの「詩的恋愛」について 青木由弥子21p
 隣村の剛太郎さん 木村妙子28p

談話:山崎剛太郎、語る─感泣亭での談話から 山崎剛太郎32p
作品:CATLEYA─ブルウスト幻想(再録) 山崎剛太郎44p
山崎剛太郎の出発 渡邊啓史47p

特集Ⅱ 詩集『山居乱信』を読み直す
 小山正孝詩篇「秒針」を読んで 高橋博夫52p
 詩集「山居乱信」にみる愛のかたち 小笠原眞54p
 『山居乱信 』再考 近藤晴彦60p

模型の詩集─詩集『十二月感泣集』のために 渡邊啓史69p
情熱の詩誌─第二次「山の樹」をめぐって 永島靖子103p
中学生と弘前高校生の小山正孝を想像する─太宰治にも触れて 相馬明文109p

感泣亭通信
 死線をこえて─近況 若杉美智子113p
 「かなぁ、というふうに」の危うさ 渡邊俊夫114p
 「東京四季」と小山正孝 瀧本寛子、116p
 復刊「四季」と「季」 舟山逸子118p
 軽井沢高原文庫 大藤敏行119p
 軽井沢の文学世界 塩川治子120p
 「小久保文庫」と「自在舎」 櫻井節123p
 田中克己の日記 中嶋康博124p

詩:突然ですが 山崎剛太郎126p
  海よ 大坂宏子128p
  冬の散歩 中原むいは131p
  雪を 里中智沙132p
  再訪 森永かず子134p

私の好きな小山正孝
 <悔い>を抱いた詩人への共感 藤田晴央136p
 いつも傍に置く詩 石井眞美138p

彼との関係─比留間一成集『博物界だよリ』(再録) 小山正孝139p

常子抄 絲りつ141p
坂口昌明の足跡を辿りて3 坂口杜実142p
鑑賞旅行覚え書3 恥の掻き寄席 武田ミモザ156p

小山正孝の周辺7─穏田時代の小山正孝 蓜島亘158p
感泣亭アーカイブズ便り 小山正見173p (雑誌についての連絡先moyammasamia@gmail.com)

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:2/783 《前のページ | 次のページ》
/783