teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

新着順:11/798 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「『四季』の復刊と復刻」小山正孝

 投稿者:中嶋康博  投稿日:2019年 3月19日(火)23時06分54秒
  通報 編集済
 


『田中克己日記』昭和42年10月24日に、

「けふ『新潮』にのりし小山氏の文よみしによくなかりし。」

 と書かれた日記ですが、どこが気に障ったのでしょうね。
 先輩を呼び捨てにしたところか、同人名簿の順番か、はたまた四季は新しくなくてはダメだと言ったことか、そのどれもなのか、まあそんなところだらうと思ひますが、正見様の許可を得て紹介させて頂きます。


『四季』の復刊と復刻 小山正孝 『新潮』1967年11月号 p196~197
 

 『四季』が復刊されることになった。丸山薰、神保光太郎、田中冬二の編集で、十月中には刊行される豫定である。『四季』は、 


第一次 季刊2册(昭和8年、春、夏)
第二次 月刊81册(昭和9年10月-昭和19年6月)
第三次 月刊5册(昭和21年8月-昭和22年12月)

 それぞれ刊行された。第一次と第三次は堀辰雄の個人雜誌的なものであった。第二次は、創刊號から14號までは、三好達治、丸山薰、堀辰雄の編集で、15號から同人制となった。今度復刊される『四季』は第二次のやうに、同人制をとってゐる。

 偶然の一致であるが、近代文學館で、第二次『四季』全册を復刻することになった。同じ年に、復刊と復刻が行はれるわけである。今度の『四季』は第二次の同人を中心として復刊されるので、復刻のことをはじめて聞いた時、話がどこかでこんがらかったやうな感じだった。復刻は一册一册を同一體裁で出すさうである。技術的には相當むづかしい點もあらうが、この方は問題なく進行するであらう。

 一方、復刊は、第一號が10月中に刊行されたとしても、問題はそれからである。

 昨年の2月のある日、雪がちらついて寒い日だったと記憶してゐる。丸山薫に、
「もし『四季』を出すといふことになったら、君たち若い人たちは、それについてどう考へますか」
 と、聞かれた。
「僕たちは、丸山さんよりは若いかもしれませんが、もう、若くはありません」
 丸山は困ったやうな顔をして、
「それはさうだけど。あなたはいくつになったのですか」

 それから、「パノンの会」の話になった。昭和14年に、萩原朔太郎の詩の講義がパノンスといふ喫茶店を會場として何囘か行はれたのだ。パノンスは有樂町の毎日新聞の近くのビルの地下室にあった。
「パノンスの會といふことにするか。スはめんどくさいから、パノンの會がいい。パンの會みたいだし」
 と、萩原が言って「パノンの會」といふ名がついたのだ。その會は、その後、新宿のヱルテルの二階で行はれたこともある。創元選書で『宿命』が出版された頃で、テキストとして、それを使用した。散文詩の一つ一つをとりあげて講義することもあったが、話はいろいろにとんで、手品をしてみせてくれたこともあった。漢詩のこと。絶望のこと。自殺には二つの方法があること。

 講義が終ると、講師の萩原は早口で、
「質問はありませんか、何でも聞いてくれたまへ」と、言って、煙草をスパスパと吸ってゐた。集った20人位の青年男女は、固くなって、みんな講師の顔ばかりみつめてゐた。津村信夫、田中克己が、仕方がないので、質問した。

 昨年の12月、『四季』復刊発起人丸山薫、神保光太郎、田中冬二の名前で次の文面による呼びかけが、『四季』関係者になされた。

「長い間、懸案となっていました『四季』復刊の意向がまとまり、株式会社潮流社を発行所として来春四月から季刊發足することになりました。(中略)
 近時、詩が著しく混亂し、無味乾燥なわけのわからぬものが氾濫して行くところを知らざる現?にあって、詩を求める若い世代の前に舊『四季』の傳統を通した、高い知性と人間らしい抒情の精神を、前向きの姿勢で示すことは、私達舊同人の責務であると信じます。どうか以上の趣旨にご贊同下さってご參加のことを希望します。」

 今年の2月になって、

「『四季』復刊について同人ご參加の旨たまわり深謝にたえません。追々若い世代の加入も考慮いたしますが、とりあえず次の同人をもって復刊出發の、具體的準備にとりかかることになりました。」
「復刊『四季』同人
伊藤整、伊藤桂一、井上靖、井伏鱒二、萩原葉子、堀多惠子、河盛好藏、竹中郁、田中克己、田中冬二、塚山勇三、室生朝子、大木實、大山定一、呉茂一、桑原武夫、山岸外史、丸山薫、小高根二郎、小山正孝、阪本越郎、神保光太郎(発行人)、八木憲爾(事務擔當)、長谷川敬」という報告があった。

 はじめ「春季號」から發刊の豫定であったが、おくれてゐる。新しい雜誌を出すには障害もあるので、出發のおくれるのは仕方がないが、すべり出したら、さういふことがないことをいのる。
 潮流社は、『潮流』といふ綜合雜誌を出した潮流社とは全く別の會社で、海運關係の出版をしてゐるさうである。

 第二次『四季』が長つづきした一つの原因は、刊行者日下部雄一ののんびりした所のある性格によった。少々傳説めくが、彼は編集内容には一切タッチせず、彼の『四季』刊行の熱意は、表紙の文字の色を?號變へて指定することにそそがれてゐた。八木にも、似た所がある。刊行しはじめたら、長くつづけてほしい。

 復刻された『四季』の81册の山を横目に見ながら、第四次『四季』は出發することになるわけである。二十年の空白は、同人の中に四十歳以下の人は皆無といふ、變則な事態のまま出發しなくてはならない。
 『四季』の新生の原動力となったのは、會員の投稿詩であった。今度も會員制度を設けて、會員の詩を募集することになってゐる。いい會員を得ることが出來るかどうかが、雜誌としての発刊の意義を左右することになるであらう。

 ここまでは御報告である。以下に一同人の氣持をのべたい。

 私は復刊といふ言葉は、使ひたくない。新しい同人雜誌をはじめるのだ。今度の『四季』は、正直なところ、すきまだらけである。そして、風當りは強さうだ。「四季派」についてのつめたい論評は、二十年、いやといふ程聞かされて來た。
 『四季』に對する好意的なものに對しても、私は必ずしも同感しない。近代文學館で出す復刻を、一册づつ讀むことで満足して、もう一度、かういふ雜誌を出してほしいといふ程度の『四季』の愛讀者に期待をもって、雜誌をつくるのなら、つくらない方がいいと思ふ。
 時代の動きはもっとはげしい。?史的?況は似てゐるかもしれないが、それは似てゐるのであって、同じではないはずだ。同じにしてはならないと思ふ。
 立原道造は『四季』とは別に、若い詩人だけを糾合して「午前」といふ雜誌を出すことを計畫してゐた。「何時、 『午前』は發刊されるのですか」といふ私の質問に、「『午前』はゆっくりと日本の國に訪れる」と答へた。その約束は果されなかった。
 今度の新しい雜誌を、「午前」といふ雜誌のイメージに近づけるべく、私は私なりに出來るだけのことをしてみよう。(了)

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:11/798 《前のページ | 次のページ》
/798