teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

新着順:9/798 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「登龍丸」広告

 投稿者:中嶋康博  投稿日:2019年 3月31日(日)11時34分57秒
  通報 編集済
 
朝から飲んでた昨日到着し、本年度最後の本日紹介する一冊は『酒中趣』。
以前ロバートキャンベルさんが紹介してて気になってた清時代の随筆集ですが、買へたのは端本。
内容は国文学研究資料館HP上の素晴らしい画像で読むことができるのでupしませんが、下巻は『酔古堂剣掃』より箴言の趣が強い感じでした。

ただ和本として面白いのは巻末の薬の宣伝です。
文学書の末尾に載ってるといへば、雑誌『四季』の「わかもと」が直ちに思ひ起こされるんですが、
当時は本屋が薬屋を兼ねてをり、この「登龍丸」も全国の取次所で扱ってゐた由。
広告の後ろに一覧が載ってゐたので、検索される人もあらうかと草書学習もかねて読み下してみました。
ちなみに刊行元青雲堂の英文蔵(はなぶさぶんぞう)と英大助(萬笈堂)は、ともに館柳湾と関係深い本屋で、新潟出身の兄弟店なんでしょうね。


『酒中趣』清:石成金(天基)撰、日本淀藩:荒井公履(叔禮)校
 青雲堂 英文蔵、嘉永2年2月[1849]発行

此の登龍丸は天下一方我家の秘法にして痰咳留飲一通りの妙薬
なり。譬ば十年廿年痰咳にて込上胸痛立居成がたく又留飲
にて気をふさぎ胸、痛、幾夜も寝事成難も軽き症は壱粒
重きは一巡り、数年来の難症は三巡りも用ゆる時は忘れたる
如く啖を治し、咳を止め留飲は胸を開き、病全くいゆる事
疑なし。是に因て心気の疲れを補ひ気血をめぐらし脾胃を
調へ気力をまし、声を立、言舌さはやかに美音を発し無
病延命たる事数万人用ひ試て其功の大なる事、古今無双
希代不思議の妙薬也。其功、左にしるす。

一、十年廿年喘息 一、労症の咳 一、引風の咳
一、からせき 一、咽喉ぜりつき(ザラツキ) 一、痰飲取詰声出ず
一、痰に血交り 一、痰飲吐きても出ず 一、動気つよく怔忡(むなさわぎ)
一、小児百日咳 一、婦人産前産後の咳 一、留飲にて胸痛
一、留飲にて気塞り 一、此外痰咳溜飲より起る病一切によし
一、音声をつかふ人、時々用ゆる時は声を立る事奇妙なり

抑痰咳の薬、昔より諸の書物にも多く売薬にも所々に有て
引札には痰咳は言に及ず頭痛症にも速になほる様に有。之といへ
ども痰咳溜飲の一病と雖、治し難き者也。然るにこの登龍丸は
年久しき痰咳溜飲にて医療手をつくし百薬を用ゆると雖
治がたき難症にても速に治す薬は、予が家の名法にて万人
を救ふて試るに一人として治せざるはなし。依て天下無双の一奇薬
にて他に類なし。しかしながら其功能速なるといへども下し
薬には無く(これにく)、婦人産前産後に用ひ害なきを知べし。能々(よくよく)
用ひて偽なき名法なるを知べし。尤、外々に紛敷(まぎらはしき)薬多く
候間、包紙[を]御吟味之上、左にしるす取次所にて御求可被下候。

東叡山御用 御書物所 江戸下谷御成道 青雲堂英文蔵製

京都三条通りさかい町 出雲寺文次郎 
大阪心斎橋ばくらう町 河内屋茂兵衛
駿府江川町 山本屋伊左衛門
伊勢松阪市場 道具屋重蔵
阿州徳しま新町橋筋 天満屋武兵衛
土州高知市種嵜町 戸種屋兵助
[虫]く前小倉 中津屋卯助
長州萩本町筋 山城屋孫十郎
紀州若山 内大工町 玉屋要蔵
同熊野宮嵜 角屋善助
奥州仙台国分町 伊勢屋半右衛門
阿為津若松市ノ町 齋藤八四郎

/奥州相馬浪江 大原次兵衛
/出羽山形十日町 大坂屋次右衛門
/信州稲荷山荒町 和泉屋武右衛門
/同松本 藤松屋禎重郎
/同善光寺前 小升屋喜太郎
/同上田 澄屋金五郎
/越後三条 扇屋七右衛門
/同水原 紅屋八右衛門
/下野佐野尺得 堀越常三郎
/常陸土浦 橋本権七
/上州高嵜藤町 澤本屋要蔵
/江戸本石町十軒店 英大助

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:9/798 《前のページ | 次のページ》
/798