teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


助かってます

 投稿者:める  投稿日:2018年10月 2日(火)15時57分47秒
返信・引用
  仕事半分で見させていただいています。
ネットも実物もなかなか旧車の資料って無い物で、あってもすごい値段がすることがあるのでとても助かります。
旧カタログを載せているメーカーもありますが、60~90年代は無いですからねぇ。
ありがたいサイトです、御礼まで。
 
 

お久しぶりです

 投稿者:シノピー  投稿日:2017年12月26日(火)14時31分50秒
返信・引用
  kurumamaniacs様、こんにちは。シノピーです。
1年ぶりの掲示板投稿ですが、いかがお過ごしでしょうか?
今年もあと一週間となってしまいました。
今年のクルマの出来事を振り返ると、自分にしては日産とスバル「富士重工業」の無資格事業問題でしょう。
去年は三菱とスズキが燃費不正問題を受けたのに対し、それに次ぐ事件問題は苦痛になります。
来年で軽自動車生誕60周年を迎える後者メーカーなんですが、自社生産を終えては6年も経ていますし、自分にしては自社生産を好意に馳せております。但し、550cc、660ccに限ります。

最近になり、現代軽トラックにしても関心を寄せていることがあり、それはダイハツS300型系ハイゼットで始まったボディカラー展開拡大をライバルであるスズキキャリーにも見せていたことです。どうでしょうか?





スズキキャリーにも



 

Re: さっさと潰せ!

 投稿者:kurumamaniacs  投稿日:2016年 2月19日(金)19時43分53秒
返信・引用
  > No.103[元記事へ]

とむ様

ご投稿、ありがとうございます。
考え方は人それぞれなので、本当に、私自身が皆様のお考えにどうこう言うつもりは全くありませんし、また、皆さまがどのようにお考えになろうとも、それは人それぞれだと思います。
個人的には、いくら“旧車を大切にする”というお考えでも、何十年も前の古いクルマを何百万円もかけてレストアするという感覚もわかりませんし、すごく古いクルマに乗られているからすごいとも思いません。
クルマなんて、たかだか耐久消費財、オーナーそれぞれがご自分にあった付き合い方をすればいいと思います。
ただ、今のクルマは結構丈夫なので、大切に使おうと思えば10年でも20年でも余裕で元気に走ってくれると思います。3年目の最初の車検で買い替えるのもよいですし、5年目で買い替えるのもまたよし、一方、20年、30年乗り続けるのもまたよし、という土壌ができるといいですね。
“旧車”というのはなにもトヨタ2000GTやハコスカGT-Rだけではなく、今我々が愛用しているクルマも、30年経てば立派な“旧車”ですからね。
“希少価値”ではなく、オーナーそれぞれの“愛着”に基づく“旧車”があふれている社会って、なかなかおもしろいかもしれませんね。

http://www.wald-licht.com/~oldcar/index.html

 

Re: さっさと潰せ!

 投稿者:とむ  投稿日:2016年 2月16日(火)18時35分8秒
返信・引用
  > No.93[元記事へ]

はじめまして。とむ と申します。
ネット検索からたまたまこのサイトに行きつき、暇なときに眺めています。

僕はそこまで旧車に興味があるわけではないのですが、旧車は日本の自動車産業の発展の経緯を感じることができる"財産"だと思います。
確かにエンジンをかければ排ガスは出るしそれも今のクルマと比べてキレイではないです。
でもだからといって潰せ!とは思えません。むしろきれいに保管されるべきであると思います。
例えば、栃木県「ツインリンクもてぎ」内にある「ホンダ コレクションホール」にはホンダの歴代モデルが大切に保管・展示してあります。どれも走行可能な状態に整備されているというのですから驚きです。しかもこの施設はホンダの子会社(かどうかは不明ですが関連企業)が管理・運営をしています。ということはメーカーの意図があって存在する施設、ととらえることができると思います。
部品が廃番なのはただ単に元が取れないだけであって、メーカーが旧車を潰せと思っているとは思えないんですがねぇ…
まあもちろん新車を買った方がメーカー的には潤うんでしょうが(笑)

2か月も前のしかも罵倒?コメントを今更ほじくり返して申し訳ありません。
ですがコメントを見て思うところがあったので書かせていただきました。
もちろんみなさんおっしゃる通り人それぞれ考え方があって当然なので、否定をするつもりはありません。

長文失礼いたしました。次の更新も楽しみにしております。
 

Re: kurumamaniacs様へ

 投稿者:kurumamaniacs  投稿日:2015年12月13日(日)09時11分9秒
返信・引用
  > No.101[元記事へ]

シノピー様

ご投稿、ありがとうございます。
確認したカタログは、B10、B120、B210、B12、B13、B14、B15です。ざっと見直しただけですから、見落としがあるかもしれません。

http://www.wald-licht.com/~oldcar/index.html

 

kurumamaniacs様へ

 投稿者:シノピー  投稿日:2015年12月12日(土)22時03分5秒
返信・引用
  こんにちは。返答の方をありがとうございました。

日産サニーのマスコットキャラの件

手元にあるサニーのカタログのモデルはなんでしょうか?

リンクサイト内に書いてある通り、サニーちゃんというマスコットキャラクターは1970年前半、2代目であるB110サニー後期型から突如現れて3代目であるB210サニーの前期型までに存在していまして、その後にはB13後期型(1990年代)で何故か突然リニューアルカムバックしたらしい。

アルトワークスの件

今や珍しいとは思えませんが、アルトワークスが最初に発売されていた当時、現代の年輩たちは
それらに対抗する車種で遊んで好まれていたのかもしれません。だが、自分は最初から高回転や騒音を嫌っているため、フルノーマルでドライバー施行いたします。




 

Re: kurumamaniacs様へ

 投稿者:kurumamaniacs  投稿日:2015年12月12日(土)13時29分26秒
返信・引用
  > No.99[元記事へ]

シノピー様

ご投稿、ありがとうございます。

手元にあったサニーのカタログを少し見てみましたが、私が持っているカタログにはこのキャラクターは載っていないようでした。同じ型でも載っているものと載っていないものがあるのかもしれませんね。

アルトワークスのようなクルマは、若者というよりも、かつてスターレットやレビンで遊んでいたような方々に人気が出そうですね。


http://www.wald-licht.com/~oldcar/index.html

 

kurumamaniacs様へ

 投稿者:シノピー  投稿日:2015年12月11日(金)18時51分45秒
返信・引用
  サニーのマスコットキャラクターの件

概要 http://minkara.carview.co.jp/group/sunnychan/

モチーフはたぶん、ワン子かもしれませんが、僕もはっきりわかりません。

アルトワークスの件

僕が思うところでは、復活後にその競合車種も派生機種として出てくるという動きも見られそうで、アルトワークスが復活した後には、ライバルだったダイハツからは今年に出たばかりのキャストにアルトワークス的な高性能グレード機種が登場するとか、先ほども語った通り、ミライースと統合してしまうミラシリーズにTR-XXを復活、もしくはミラの名を外して、単にTR-XXを名乗って再発売するという噂もあります。現代アルトワークスはMTとの組み合わせで超ラッキーですが、TR-XXの場合は、現代アルトワークスのベースとなったターボRSと同様のセミオートマチックとの組み合わせになるとかがちょっと未定で、その動きもどうやら気になるところです。










 

Re: kurumamaniacs様へ

 投稿者:kurumamaniacs  投稿日:2015年12月11日(金)12時39分40秒
返信・引用
  > No.97[元記事へ]

シノピー様

ご投稿、ありがとうございます。

アルトワークスの売れ行き次第では他社からも競合車種が出てくるかもしれませんね。特にスズキとダイハツは、それぞれの成功モデルのそっくりさんがすぐに出てきますからね。

サニーのマスコットキャラクターの件、恥ずかしながら私の記憶には残っていませんでした。もしかしたら過去のサニーのカタログに載っていたのかもしれませんが、全く見覚えがありません。それにしてもこのキャラクターはいったい何をモチーフにしているんでしょうね。サニーとの関連性が全然わかりません。

http://www.wald-licht.com/~oldcar/index.html

 

kurumamaniacs様へ

 投稿者:シノピー  投稿日:2015年12月10日(木)14時22分43秒
返信・引用
  こんにちは。返答の方をありがとうございました。
アルトワークスがいったん、生産を終えた16年前は、この時期から平成12年排出ガス規制における排出ガス浄化性能を強化していく時期でもあって、高性能グレード機種はそれに対応できなかったのだと思っています。けど、16年ぶりの復活は偶然のことか、ダイハツでも予想、ミライースがモデルチェンジで統合するミラがもしそのまま生産を続くとすれば、TR-XXシリーズを復活してほしい。

ところで、kurumamaniacs様。3番目の画像のキャラクターをご存知ですか?
かつてあった日産の乗用機種、サニーのマスコットキャラクターです。



 

レンタル掲示板
/11