teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


110日ぶりの温泉

 投稿者:せっとん  投稿日:2016年 9月 2日(金)07時07分16秒
返信・引用
  単純硫黄泉さん おはようございます。

左足のアキレス腱を断裂してから、約110日ぶりに温泉に浸かりました。

8月29日、白浜温泉・白浜館(素泊まり)、30日、湯の峰温泉・てるてやに宿泊。もちろん、すべて下道利用です。

29日の午後1時ごろ白浜に到着。まず向かったのは「白良湯」です。

5月30日以降の入浴はシャワーのみ。部屋のなかの移動も補助器具を装着し松葉杖での移動。

ようやく湯船に浸かったのですが、約110日ぶりでした。

今回は松葉杖は使わず、山登り用のスチックを使い、浴室や湯船の撮影もこれのお世話になりました。

家内からは、「滑って転倒しての骨折、アキレス腱の再断裂だけは恥ずかしい」のでと厳重注意されながらの撮影でした。 (笑い)

今月中旬には、山梨の下部温泉から草津温泉への3泊4日の湯めぐりも予定しています。

そのときには、先日、単純硫黄泉さんがアップされていた「林温泉・新かたくりの湯」も訪れたいと思っています。

写真は「白浜温泉・白良湯」です。



 
 

Re: 山梨中心の湯めぐり

 投稿者:単純硫黄泉  投稿日:2016年 5月 2日(月)21時00分48秒
返信・引用 編集済
  せっとんさん、こんばんは。

1か月で18か所の湯巡りですか。退職後の新生活を思う存分満喫されているようですね。
18か所のうち再訪が3か所もあるのは、よほど気に入られた温泉だったのでしょうか?

このGW。相方の療養を目的として自炊湯治に出かけ、今夕帰宅しました。
これまで湯治宿に一晩宿泊したことはありましたが、同じ宿に3泊連泊したのは初めてで、
緩やかな時間の経過の中でゆったりと過ごさせていただきました。

昨秋以降、温泉との関わり方が随分様変わりしましたが、江戸時代以来守られてきた温泉
への本来的な向き合い方を再認識する好機となっています。

http://iousen.pro.tok2.com/

 

山梨中心の湯めぐり

 投稿者:せっとん  投稿日:2016年 5月 2日(月)15時08分42秒
返信・引用
  単純硫黄泉さん こんにちわ。

この4月だけで山梨の温泉を中心に18ヶ所の温泉に浸かってきました。
浸かってきた温泉は

1.蓼科温泉 2.草津温泉 3.山口温泉 4.はやぶさ温泉 5.ホテル1-2-3 5.フカサワ温泉
6.裂石温泉 7.国母駅前温泉 8.韮崎旭温泉 9.下田河内温泉 10.松崎温泉 11.土肥温泉
12.韮崎旭温泉(再訪)13.下田温泉 14.下田河内温泉(再訪) 15.湯ケ島温泉 16.ホテル1-2-3(再訪) 17.玉川温泉 18.トータス温泉
以上、走行距離は約4,500kmです。

この間、富士山も3度訪れています。
写真は4月30日、早朝5時ごろから約1時間写真を撮った山中湖です。

http://setton.pro.tok2.com

 

退職、おめでとうございます!

 投稿者:単純硫黄泉  投稿日:2016年 4月 4日(月)22時39分30秒
返信・引用
  せっとんさん、こんばんは。

定年退職、正式には3月15日付けだったのですね。長年、本当にお疲れさまでした。
そして、これからはハローワークへ登録しての就職活動。気長にがんばってくださいね。

それにしても、引上げされた年金受給年齢まで何とか凌いでいきたいという国民の願いを逆手にとり、
一億総活躍社会などと称して高年者を安価に働かせようという政府のやり方には個人的には大反対で、
さらに深刻化するであろう高齢化社会を考えると、むしろ非正規低年収で苦しんでいる若年層に正規
就職の門戸を開いた方が良いのではないかと感じています。

http://iousen.pro.tok2.com/

 

金具屋

 投稿者:せっとん  投稿日:2016年 4月 1日(金)19時04分2秒
返信・引用
  単純硫黄泉さん こんばんわ。

小生、3月15日付で定年退職しました。
退職後は、延長でなく、ハローワークに登録し、新たな職を探したいと思っています。

2月末まで出社、その後は有給消化。
この間、白浜、草津、強羅、奥飛騨、渋、松之山、貝掛温泉など訪れました。

もっと暖かくなってと予定していた、渋温泉・金具屋に行ってきました。
平日で安い料金で泊まってきました。

http://setton.pro.tok2.com

 

Re: お礼

 投稿者:単純硫黄泉  投稿日:2016年 2月28日(日)18時01分34秒
返信・引用
  > No.259[元記事へ]

せっとんさん、こんばんは。

相方へご心配いただき、ありがとうございます。
3~4週間ごとの治療があと2回分。治療を受けて2週間ほどはかなりしんどそうですが、
それ以外は元気な頃と変わらない様子で過ごしています。
それでも疲れは厳禁ですので、以前のような遠出は控えなければならないかもしれません。

HP閉鎖の経緯は、十分承知しております。
ですので、拙サイトも年始にソフトのバージョンアップを行った折、とても緊張しました。
紹介文は、掲示板を存続していただけるのが嬉しく、定年されてからもどんどん温泉情報
を載せていただけるよう願って記したものです。

形はどうあれ、拙サイトの数少ない相互リンク先が減らずに良かったです(笑)。
これまで以上によろしくお願いいたします。

http://iousen.pro.tok2.com/

 

お礼

 投稿者:せっとん  投稿日:2016年 2月28日(日)00時01分25秒
返信・引用
  単純硫黄泉さん こんばんわ。

早速なるリンクの切り替えありがとうございました!また、ご丁寧な紹介文。ありがとうございます。

小生の定年退職と、ホームページ(tok2)との契約が偶然にも重なったので、ホームページの閉鎖そのものとは関係ありません。ホームページを閉鎖する経過は以前にお話ししたと思いますが・・
アップした写真の多くが潰れており、修正してアップすると又、別の物が潰れるとの、「イタチごっこ」の状態が続いた為です。

幸いにも、家内が温泉記事を継続する為に考えてくれたのが、「ブログ」と「掲示板」の存続でした。まったく、小生は家内(mari)には頭があがりません。(笑)

ところで、奥様の体調はいかがですか?お大事になさって下さいね。
小生ごときが言うまでもなく、単純硫黄泉さんのことですから、ぬかりなくされていることと思います!!

拙いない内容ですが・・ 感謝しています。 ありがとうございます。

http://setton.pro.tok2.com

 

ようやく再開

 投稿者:単純硫黄泉  投稿日:2016年 1月26日(火)21時19分50秒
返信・引用
  5年前の開設以来、このサイトはInternet Explorer(IE)9で確認を行い、作成してきました。

数年前、ブラウザが自動更新でIE11へアップグレードした際、文字と画像のずれなどの不具合が
生じたことから、強制的にIE9に戻し、続けてきました。
ところが、この1月12日にIE10までの旧バージョンがマイクロソフトのサポート対象外となって
しまったことから、止むを得ず再びIE11にアップグレードしました。
また、HP作成ソフトもかなり旧版となっていたことから、この際、思い切ってバージョンアップ。
積み重ねてきた900の記事について、ブラウザ変更で生じた水平線の消去、ソフトバージョンアップ
により起こった文字のずれなどを一通りチェックしてコツコツと修正を重ね、本日、約1か月半ぶり
に今年初めての記事更新を果たしました。

こうした作業に全く疎く、相互リンクさせていただいているせっとんさんのサイトが、同様の作業と
転送によって画像ファイルが壊れたしまったとの情報を耳にしていましたので、ハラハラドキドキ。
それでも、おかげ様で何とかサイトは生き延び、継続できる運びとなりました。

大変遅くなりましたが、本年もよろしくお願い申し上げます。

http://iousen.pro.tok2.com/

 

Re: 明けましておめでとうございます。

 投稿者:単純硫黄泉  投稿日:2016年 1月 2日(土)18時11分27秒
返信・引用
  YOOMIさん、こちらこそ今年もよろしくお願い申し上げます。

大晦日の南東北での湯めぐり、素晴らしい温泉と出会え、本当に良かったですね。
鮮やかな写真に写ったYOOMIさんの表情がそのことを如実に物語ってますね。

温泉との関わり方は、当たり前のことですが人それぞれですね。
年齢にブログで記したような諸事情も重なり、湯治という温泉本来の目的に着目し
始めています。
まだまだ現役の身分故に、長逗留などは夢のまた夢ですが、数より質、一湯一湯を
心身に刻みながら、無理のない範囲で湯めぐりを続けていきたいと思います。

http://iousen.pro.tok2.com/

 

明けましておめでとうございます。

 投稿者:YOOMI  投稿日:2016年 1月 1日(金)17時57分42秒
返信・引用
  単純硫黄泉さん、今年もよろしくお願いします!

今年は大晦日に福島の野地温泉と高湯温泉へ行ってきました。
今回は未湯であった安達屋さんと静心山荘さんへ立ち寄りさせていただきました。
高湯温泉は再訪となりますが、濃厚な硫黄臭を感じながら、肌が少しビリビリする酸性の湯に浸かると身も心も解れ、高湯の湯の良さを改めて再確認できました。特に静心山荘さんの浴室は総木造で、山小屋や湯治場を連想させる美しいもので感動しました。

ブログへにコメントありがとうございました。単純硫黄泉さんのお言葉に大変励まされました。
2015年特に後半は様々な環境の変化で例年のような温泉めぐりができなくなりました。
今まで、集中的に数々の温泉を廻ることがライフワークであったので、しばらくは戸惑いを感じているでしょうけど、単純硫黄泉さんのように、また違った温泉めぐりのスタイルを見つけ、自分らしく温泉探訪を続けていきたいと思います。
 

レンタル掲示板
/31