teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


旧年~新年

 投稿者:奈良の隠居  投稿日:2015年 1月22日(木)23時11分38秒
返信・引用
  単純硫黄泉さん こんばんは。

お孫さん達も来られて、さぞかし楽しく嬉しいお正月を過ごされたことと思います。

私たちは、今年も、東京の長女夫婦の家で、孫たちと一緒に10日間過ごしました。
年始には、千葉県の温泉宿で孫たちと一泊、楽しい時間を過ごしました。
因みに、孫は千葉県の温泉が続いたので、温泉は黒いものと思ってました。
早いものでそれから2週間が過ぎてしまい、もう次はいつ会えるのかなともう思ってます。

先日の書き込みで、記事アップのペースが落ちたとありましたが、いま拝見したら1月で7件アップ、相変わらず凄いペースですよ。
伊香保温泉の記事が連続アップされてますが、入浴日が2014年3月とったので、
まだアップされてない温泉・施設がかなりあるのでしょうね。

自分のアップは月3~4回となってますが、昨年後半年から湯巡りが難しい状況になっていて、
細く長くということで、在庫をゆっくり消化することにしました。
と言うのも、昨年10月に自分がペースメーカー埋め込み、続いて家内が乳がんで11月に手術したためです。
自分のペースメーカー埋め込み事前検査の際、狭心症の症状を訴えてた家内も心臓のCT検査を受けさせました。
心臓は大丈夫だったのですが、幸運なことに名医の誉れ高い循環器の先生が
影を見つけてくれて乳腺外科に伝えてくれました。

幸いなことに転移もなく、11月に手術、新年に入ってから所定の再発予防の治療・服用が始まりました。
転移有無の検査に3週間を要し、この間、自分の掲示板を閉鎖した次第です。

写真は、栃木県日光中禅寺温泉湖上苑の風呂。
ここで夕食後、本人は全く気がつきませんでしたが、数秒失神してしまい、家内は救急車を呼ぼうかと思ったそうです。
これだとせっかく買い換えた愛車を運転できなくなるので、急いで埋め込んでもらった次第です。

http://www4.kcn.ne.jp/~t-yoko/

 
 

Re: あけましておめでとうございます。

 投稿者:単純硫黄泉  投稿日:2015年 1月 2日(金)12時06分16秒
返信・引用
  YOOMIさん こちらこそ本年もよろしくお願いいたします。

ご自身、ブログでも紹介されてましたように、年々ご活躍の場を広げておられますね。
場数とご努力を重ねられてきたからでしょうか、TVなどで堂々と振舞われているご様子を拝見して、
いつも感心しています。

年末の北海道湯めぐり、アップされたブログの記事を楽しく、羨ましく拝見させていただきました。
小生、まだ北海道へは一度も行ったことがありませんので、いつかはぜひ訪れたいと思っています。

> やはり、行って見ないと分からないものですよね温泉は^^
本当にその通りですね。今年も自分の関心と感性を大事にして、気の向くままに各地に足を運びたい
と思います。

http://iousen.pro.tok2.com/

 

あけましておめでとうございます。

 投稿者:YOOMI  投稿日:2015年 1月 2日(金)10時38分56秒
返信・引用
  単純硫黄泉さん、あけましておめでとうございます。
大地の恵みに癒しを求めては、各県に遠征する際テッパンで、的確な評価をいつも参考にさせていただいています。今年も記事が更新されるのを楽しみにしておりますね!

さて、2014年度は年末に北海道へ行ってきました。
十勝岳温泉→層雲峡温泉→天人峡温泉→旭岳温泉 合計10湯をバスで廻ってきました。
最も、意外だったのが層雲峡温泉で、期待していなかった乳白色の硫黄泉に存分に癒されました。やはり、行って見ないと分からないものですよね温泉は^^

今年もどうぞ、お付き合いの程よろしくお願いします。

http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/

 

謹賀新年

 投稿者:単純硫黄泉  投稿日:2015年 1月 1日(木)23時46分26秒
返信・引用
  間もなく元旦も終わろうとしておりますが、新年明けましておめでとうございます。

最近は以前のようなペースで記事をアップすることができず、なかなか在庫の解消が
進みませんが、本年も昨年並みの100か所を最低限の目標として訪問した温泉を紹介
してまいりますので、これまでと同様よろしくお願いいたします。

http://iousen.pro.tok2.com/

 

Re: 2014年の湯めぐり

 投稿者:単純硫黄泉  投稿日:2014年12月30日(火)14時12分16秒
返信・引用 編集済
  > No.222[元記事へ]

せっとんさん、こんにちは。

九州への旅。
確かに時間もお金もかかりますが、温泉のみならず、雄大な風景や雰囲気、地元の方の人柄もお気に入りの
ため、頻繁には足を運べる距離ではありませんが、機会を掴まえて色々な土地へ向かいたくなります。
この数年、相方は天草地方へ一度訪れてみたいと申していますので、来年もしくは再来年には実現したいと
思っています。

せっとんさんが濁河温泉へ向かわれた9月27日、私は群馬の吾妻方面へ出かけており、その帰り道、国道の
電光板に表示された「御嶽山噴火」という赤い文字を目にして、昼ごろ起こった噴火を知りました。
何やら物々しい雰囲気を感じましたが、帰宅して観たテレビ報道を通じて事態の深刻さを思い知りました。
また、11月22日に野沢温泉に滞在していた折には、あの長野県北部地震に見舞われ、震度情報の数字以上に
感じられた揺れの強さに肝を冷やしました。

温泉自体が自然からの贈り物ですが、自然の恐ろしさと人間の非力さを改めて痛感させられた1年でした。

http://iousen.pro.tok2.com/

 

2014年の湯めぐり

 投稿者:せっとん  投稿日:2014年12月30日(火)12時57分38秒
返信・引用
  単純硫黄泉さん サイト開設4年半で紹介記事が800ヶ所とはすごいですね。

小生、単純硫黄泉さんの記事を参考に多くの温泉を訪れていますが、ETC、休日1000円が廃止されてしまい、九州方面の温泉は憧れで終わってしまいそうです。

特に大分周辺の温泉への訪問数はすごいですね。大阪府在住であれだけ訪問されたと、感心しています。

小生、今年の湯めぐりで忘れることができないのは、御嶽山の噴火です。

9月27日は濁河温泉で宿泊予定、噴火した午前11時52分ごろは妻籠宿を散策していました。

その後、「目覚めの床」の駐車場で異様に汚れている観光バスの運転手から御嶽山が噴火したことを知らされました。

すぐに宿に電話を入れ、岐阜県側は被害が出ていないとのことで宿に向かい、宿泊しました。

チェックインと同時にテレビをつけた時点では行方不明7名ほどとの報道でしたが、あれほどの惨事になるとは思ってもいませんでした。

写真はチェックイン時のテレビ報道された御嶽山。翌朝の宿の全景。開田高原から見た御嶽山。

http://setton.pro.tok2.com

 

2014年 年末のご挨拶

 投稿者:単純硫黄泉  投稿日:2014年12月29日(月)19時38分23秒
返信・引用
  先ほどアップを終えた法師温泉長壽舘をもって、2014年の温泉記事アップは終了、
この1年間でちょうど100か所の入浴施設を紹介させていただきました。

この数字、今年初めから目標として掲げ、1月当たりで8~9か所といったところ
なので楽勝かなと思っていましたが、夏過ぎまで記事の作成が思ったように捗らず、
最後の3か月は青色吐息の状態でした。

一方の湯めぐり。数的には例年通りといったところですが、熊本の人吉や南薩地域、
さらにはこの数年来目標にしていた奥会津にも足を運ぶことができ、まずまず満足
の1年となりました。

サイト開設4年半で紹介記事もちょうど800か所となり、今年のペースでいけば、
2年後の1000か所到達も現実味を帯びてきました。
来る2015年も、お気に入りの温泉を地道に紹介させていただきますので、よろしく
お願い申し上げます。

http://iousen.pro.tok2.com/

 

湯切れ解消!

 投稿者:単純硫黄泉  投稿日:2014年12月24日(水)22時54分20秒
返信・引用
  11月後半の三連休以来、温泉と無縁の生活が1か月。
その欲求不満の解消に、昨日、1年4か月ぶりに入之波温泉の山鳩湯へ出かけてきました。

この間、入浴料が700円から800円へ値上げ。
手近に温泉ファン羨望の掛け流し温泉が楽しめるものの、500円時代を知っているだけに、
お値打ち感はずいぶんと薄れましたね。

ドバドバの掛け流れっぷりとコテコテの析出物は相変わらずでしたが、パイプ湯口の下に
塩ビ波板のカバーが取り付けられ、飛沫を上げながら打ち落とされる源泉を目にすること
はできなくなっていました。

http://iousen.pro.tok2.com/

 

お詫び

 投稿者:単純硫黄泉  投稿日:2014年10月30日(木)20時27分56秒
返信・引用
  昨日の深夜から本日の午後7時ごろまで、拙サイトのトップページへのアクセスが
できなくなっておりました。
原因については判然としませんが、アクセスを何度も試みていただいていた方には
とてもご迷惑をおかけいたしました。

この場を借りて、お詫び申し上げます。

http://iousen.pro.tok2.com/

 

Re: 憧憬の地

 投稿者:OJ  投稿日:2014年 8月21日(木)14時52分15秒
返信・引用
  単純硫黄泉さん
> マニアにはほど遠い単なる温泉好きな当方
いえいえ十分マニアだと思いますよ(笑
私も通常は1日7湯までと決めて気に入ったところはじっくり入るんですが
遠征の場合は高い交通費の元を取るためと、再訪の価値がある湯を見つけるために
どうしても数泉となってしまうんです
今の温泉仲間と湯巡り始めるまではこんなに数を一気に入るようになる
なんて思ってもいませんでした

PS:大分の野矢温泉休業状態との残念な情報がまた入ってきました
 

レンタル掲示板
/31